このページの本文へ移動

ホーム > 千駄木谷中界隈散策コース > 天王寺五重塔跡

文化財めぐりコース

千駄木谷中界隈散策コース(文京区・台東区・荒川区)

天王寺五重塔跡

都指定史跡 昭和54年3月31日旧跡指定 平成4年3月30日種別変更

写真

焼失前の天王寺五重塔全景

 幸田露伴の小説『五重塔』のモデルとして知られる谷中の五重塔は、天台宗の寺院護国山尊重院(そんちょういん)天王寺の境内(現在の谷中霊園内)に立っていました。天王寺は、もとは日蓮宗で長燿山感應寺(ちょうようざんかんのうじ)尊重院と称し、道灌山の関小次郎長耀(ながてる)と日蓮とのゆかりによって建立された古刹(こさつ)です。元禄12年(1699)幕命により天台宗に改宗し、その後天保4年(1833)に現在の護国山天王寺と改称しました。

 最初の五重塔は、寛永21年(正保元年(1644))に建立されましたが、130年ほど後の明和9年(安永元年(1772))目黒行人坂(ぎょうにんさか)の大火で焼失しました。罹災から19年後の寛政3年(1791)に再建された五重塔は、震災・戦災をくぐり抜け、長く谷中のランドマークになっていました。『五重塔』のモデルになったのもこの塔ですが、昭和32年(1957)7月6日、残念ながら放火により焼失し、現在はその基礎部分のみが残されています。

 焼失前の塔は総(けやき)造りで、高さ11丈2尺8寸(34.18m)。関東で一番高い塔でした。幸い建築家大島盈株(みつもと)による明治3年(1870)の実測図が残っており、 往時のその姿を知ることができます。

 「現存する方3尺(約90㎝四方)の中心礎石や四本柱礎石など総数49個の石材はすべて花崗岩です。中心礎石から金銅舎利容器(こんどうしゃりようき)や銅経筒(きょうづつ)、四本柱礎石と外陣(げじん)四隅柱からは銅経筒などが発見されています。


天王寺五重塔跡の公開情報

公開日:
通年
公開時間 :
終日
料金 :
なし