このページの本文へ移動

ホーム > 北多摩散策コース > 清瀬市,東久留米市,東村山市

文化財めぐりコース

東村山市散策コース(北多摩を歩いてみませんか)

梅岩寺のケヤキ

都指定天然記念物 昭和40年3月31日指定

 梅岩寺は、慶安4年(1651)阿山呑碩あさんどんせきにより中興開山されたと伝えられる曹洞宗の古刹です。山門の左右にケヤキが列植されていますが、山門の左手にある巨木が、東京都指定天然記念物の『梅岩寺のケヤキ』です。文化・文政年間に編纂された『新編武蔵風土記稿』の「久米川村」の条には、梅岩寺に関する記事があります。「周囲二丈許ノ古槻、或ハ一丈二尺許ノ椵樹、門ニ入テ左右ニアリ」という説明文のうち、「二丈許ノ古槻」が該当します。

梅岩寺のケヤキの写真

梅岩寺のケヤキ 山門外から

 樹高約27メートル、幹周約7.3メートル、主幹は地上約3メートル付近で数本の大枝に分岐し、枝葉の広がりなど樹勢は良好です。

 なお、『新編武蔵風土記稿』にある「一丈二尺許ノ椵樹」は、山門右手にあるカヤを指しており、こちらは『梅岩寺のカヤ』として東村山市指定天然記念物に指定されています。


梅岩寺のケヤキの公開情報

公開日 :
通年
公開時間 :
終日
料金 :
なし